彦が片岡

AGA(エージーエー)と呼ばれる夫形状抜毛症の診断に関しては、最近楽しい知らせばかりが入ってきているように感じられる人が多いのかもしれませんが、じつは、そこまで手放しで喜んでばかりはいられないというのが現実であると言わなければなりません。

まずは、AGAが改善できるレベルにまで見立てのトレーニングがみられて掛かるという部分については、確かに面白い話題であると言わなければなりませんし、日々探求に励んできたサイエンティストは賞賛されるべきであることは間違いありません。しかし、割に簡単な方法で治療できるようになってしまったからこそ、その弊害についても考えなければならなくなってしまった・・・という一部分も実はあります。

それは、AGAの手当についての問題です。たとえばフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルといった、さほど安全で効果が高い薬による診断ができるようになった振る舞い自体は喜ぶべきことであるといえますが、しかし、「手軽に治療できる」という部分については、意外にも赤字のきっかけがたくさんあるのです。

というのも、病院に行けば確かにフィナステリドやミノキシジルは手に入りますし、また、使い方能力を遵守すれば確かに安全な消耗が可能になります。しかしながら、AGAというのは、夫にとっても大層デリケートな病気であり、しかも、悪化して薄を発症したとしても、ずいぶんねじまがった力でも働かない限り、大切に別状がないわけですから、無理をして病院に行かなくても良い、という階級の病気であるからだ。

病院には行きたくないが、直せるのなら治したい・・・という感情をゆさぶるコンポーネントがあります。それは、フィナステリドにしてもミノキシジルにしても、輸入された薬を手にすることができる、という面だ。

輸入された薬であれば、さほど安価であり、しかも他者との面談なしで治療できる公算が来るわけですから、なかなか手を出したく向かうものです。先生の目を通さず輸入された薬を範疇するのは非常に危険です。中には、誠に影響の無いまがい品である可能性もありますし、効果がないだけでなく、非常に危険な反発を発症してしまうことも考えられます。

また、教材が日本語でないとすると、これを規則正しく理解することができず、誤った使い方能力で飲用・使用して仕舞う心配が生じます。これはあまりにも危険なことであると言わなければなりません。

体あってのAGA診断ですから、輸入薬に頼ることなく、先生の処方による薬を使用してください。