吉原の高野寛

ビタミンCサプリは、成分が合併物である時と、天然もとからつくられている時があります。一般的に、サプリの内容には天然のもとが使われているほうが、合併もとからつくられた手法よりも優れています。多くのサプリでは天然もとの商品の方が良いようですが、ビタミンCに限っては声明が違うようです。サプリの成分に使えるビタミンCは、合併もとも、天然もとも、あまり違いがないようです。現在のキャパシティーでは、天然クオリティから取り出したビタミンCとほとんどおんなじものを合併のビタミンCで生み出すことが可能です。他の栄養分の場合には、天然もとのものは方法が複雑になってあり、合併して製造しても天然もとのものは方法が何一つ別のものになってしまうのです。天然もとのほうが、合併もとよりも優れているに関しては、もとに至るもとの方法が難しくつくられている時に限った話です。方法がイージーなら、天然のビタミンCと、合併のビタミンCが、見分けがつかないくらい似ているものを製造することも可能になります。天然もとのサプリは農作物などに含まれている内容による結果、場合によってはアレルギー物質が入っていたり、農薬の心配が皆無ではないとも考えられます。動植物からサプリをつくる都合、成分のキープコストが作製仕入れ値に含まれますので、販売価格が高くなってしまうことが多いようです。サプリは、長く呑み積み重ねることが前提になりますので、大量に安く作製可合併サプリは重宝します。ビタミンCのサプリによる時折、天然もとと合併もとのバリューや弊害を理解した上で、購入するようにしましょう。